ゲスト目線で行うウエディングのプロデュース

花嫁

結婚式というのは新郎新婦が夫婦になったことを公にお披露目する儀式です。また列席してくれたゲストに対して「今後は夫婦共々よろしくお願いします」という挨拶を兼ねた場でもあります。ただのお祝いパーティーではなく、きちんと挨拶をする大切な場であるということをわきまえた上で結婚式の準備を進めていくことが大切です。

しかし、憧れのウエディングドレスを着て、たくさんの祝福を受けることができるという結婚式を目前として浮かれない人はいないでしょう。その気持ちからつい自分たちにばかりお金をかけてしまい、料理や引き出物の予算を下げるなどの手段に走ってしまう人も少なくはありません。そういった事態のストッパー役ともなるのがウエディングプランナーです。

結婚式そのものをプロデュースするという大きな役割を担っていますが、それだけではなく結婚式とはそもそもどういったものなのか、またどうあるべきなのかを上手に伝えながら最高の1日を演出していきます。ゲストに対して失礼にあたるような場合には上手にストッパーになる必要がありますし、また新郎新婦の希望を実現させるための提案力や頭の回転のはやさも必要不可欠です。まずは自分がゲストだったらどうだろうと考えながら準備を進めていくよう心がけることが大切です。