オリジナルウエディングをプロデュース

花嫁

冠婚葬祭の儀式である結婚式は、本来厳かに執り行われるものでした。しかしたくさんの祝福を受けてパーティーのように主役もゲストも楽しめるような結婚式を望む人が増えたことから、日本古来の厳かで格式が高い結婚式は懸念される傾向にあります。

今日のウエディングで求められるのはオリジナル性です。人生に一度しかない結婚式をどれだけ自分たちらしくできるかというのが大きなポイントとなります。

どうすればオリジナルの結婚式にできるかを決めるのは新郎新婦だけではなくプロデュースをするウエディングプランナーも考える必要があります。何組ものカップルの結婚式を担当してきたプロだからこそアドバイスできることもあります。しかし今までの経験談をそのまま伝えても結局は型にはまった結婚式になってしまいます。そのため経験談に目の前のカップルらしさをプラスした提案をするようにしなければなりません。他のカップルとは違う、それがオリジナルです。

ウエディングプランナーには提案力が必要です。そのため歴史や知識を学ぶだけではなく、今どのようなものが流行っているのか、今後どんなものが流行ると予想されるのかといった情報にも常に目を光らせておくことが大切です。