プロデュースにはスタッフの結束も大切

プランを練る

結婚式の総指揮官となり、新郎新婦2人に最高の1日を演出するために尽力するのがウエディングプランナーの仕事です。段取りを組み、準備をともに進めていき、数か月間を二人三脚で歩んでいくことで最高の状態で当日を迎えることができます。

つい主役の2人にばかり目が行きがちなのですが、結婚式を実現させるためには様々な部署に所属する式場スタッフとの連携も非常に重要です。例えばどんなに素晴らしい演出をプロデュースしたとしても、料理がおいしくなければゲストはガッカリしてしまいます。また料理もおいしく演出も感動的であっても、サービススタッフの態度が悪ければゲストは気分が悪くなってしまうでしょう。

このように結婚式を作り上げるのは新郎新婦やウエディングプランナーをはじめ、式場スタッフ全員だと言っても過言ではありません。そのためプランナーは結婚式をプロデュースする傍ら、ともの働く従業員とも交流を深めたり、こまめに打ち合わせをしたりということも必要なのです。

つまりウエディングプランナーは、お客様相手ではなく式場で一緒に働く仲間ともコミュニケーションをとることができるほどの人間力が必要不可欠であり、それなくしては最高の1日をプロデュースすることはできないと言えます。