スタイルに合わせたウエディング

花嫁の準備

結婚式というと、華やかや幸せというイメージが強いものですが、どれも同じというわけではありません。同じような華やかさや幸せなイメージがあっても、その演出や進め方はそれぞれ違います。それがウエディングプロデュースの難しいところであり、やりがいのあるところということができます。お客様にはそれぞれ希望することや実現したい願いなどもあるはずなので、まずはそういったものを聞き取ることからスタートすることになります。

実現したいことがきちんと把握できると、式のスタイルも決めやすくなるので、どういったものにするか考えやすくなります。まずは打ち合わせに力を注いでみましょう。初めてのウエディングという事で、具体的な形でのイメージが抱けないお客様も多いので、プランナーの側から希望を明確にできるような質問を投げかけていくという事も必要になってきます。

そうして聞き取った希望のスタイルをもとに、演出その他の詳細を詰めていきます。華やかなイメージとは違い、細かな準備や交渉事も多く、大変だと感じることもあるでしょう。しかし、それもお客様の大切な一日を演出するために必要なことです。ぜひ誇りを持ってプロデュースしていきましょう。